本文へスキップ

一般財団法人 静岡県生活科学検査センター

環境に関する分析 河川水・排水・温泉水SERVICE&PRODUCTS

環境水

河川水等

河川水 河川水等の水質を調べます。
分析結果は、環境基準等、農業用水基準、水産基準、
工事設計書等と比較し水質を判断します。

一般的な項目(水素イオン濃度、大腸菌群数等)と
人の健康に影響を与える項目(ヒ素、鉛、水銀、六価クロム等)の分析を行います。
池の水
沢の水
海域
工事用観測井戸

工場排水

水質汚濁防止法適用施設(特定施設) 排水処理施設から放流される水質をしらべます。
・特定施設からの放流水、水質管理(法定)
・排水処理施設の放流水、水質管理
・排水処理施設の処理機能判断(性能評価)
・放流先への水質証明(所轄自治体、漁協等)
水質汚濁防止法適用施設以外

温泉水

新規に温泉の申請、再検査 温泉に関する分析をします。
・温泉として保健所へ申請するための検査
・申請認可後の再検査(保健所提出用)
・温泉か否かの検査(申請判断用)
温泉か否かの判断

土壌

土壌の化学成分を分析します。
・溶出試験:土壌から水中に溶け出す成分を調べます。
(分析値は「土壌環境基準」、「土壌汚染対策法」の基準値等と比較判断します。)
・成分試験:土壌に含まれる化学成分を調べます
(分析結果により処理方法、使用目的、使用方法等を決めます。)

産業廃棄物

産業廃棄物の化学成分を法律に従って分析します。
・処理を委託する場合の申請用添付書類として必要となります。

その他

上記以外の水質試験 ・人工的に作られた温泉水の検査
・固形物(ガラス、布等)から水中へ溶出する成分の試験
・固形物(ガラス、布等)の組成成分の試験
・排出元が不明な水の水質検査
固形物の成分分析
固形物からの溶出試験

室内空気環境

室内空気中の化学物質を分析します。学校環境衛生基準、厚生労働省指針等と分析結果を比較評価します。


学校における室内空気中化学物質の検査について

「学校環境衛生の基準」の改正により、室内空気中の化学物質測定が求められています。また厚生労働省では、室内空気中の化学物質濃度について指針値を設定しています(約15項目)。
当センターでは学校環境衛生を中心として、室内空気中化学物質濃度測定業務を承っております。

検査項目

・ホルムアルデヒド
・トルエン
・キシレン
・パラジクロロベンゼン
・スチレン
・エチルベンゼン

サンプリング方式

・吸引方式(吸引ポンプ使用、午前、午後測定、検査センター職員が採取)
・拡散方式(サンプラーを8時間以上放置、お客様で採取)

※当センター職員が採取する場合別途、採取手数料がかかります。


バナースペース

一般財団法人
静岡県生活科学検査センター

〒420-0881
静岡市葵区北安東4丁目27番2号