本文へスキップ

一般財団法人 静岡県生活科学検査センター

浄化槽について理解を深めようSERVICE&PRODUCTS

1.浄化槽の種類

@単独処理浄化槽(みなし浄化槽)

単独処理浄化槽は、し尿(トイレの汚水)のみを処理し、浄化する装置です。
汚濁負荷の大きい生活雑排水(台所・風呂・洗濯・洗面など)は未処理のまま放流することになるため、浄化槽法により平成13年4月1日から製造・販売が禁止され、単独浄化槽を設置することは原則不可能になりました。




A合併処理浄化槽

 合併処理浄化槽は、し尿と併せて生活雑排水を処理し、浄化する装置です。
 単独処理浄化槽と比べて家庭などから出る汚濁負荷を8分の1に減らすことができます。




し尿(トイレの汚水)+生活雑排水(台所・風呂・洗濯・洗面など)で、生活排水と呼びます。
生活排水を適切に処理しないと、有機物・窒素・リンなどの汚濁成分により河川等が汚染されてしまいます。
また、し尿に含まれる病原菌から赤痢・コレラなどの水系感染症も想定されます。

生活排水の水量と汚濁負荷量の原単位
 生活排水
 水量
(L/人・日)
汚濁負荷量(g/人・日)  
 BOD
(生物化学的
酸素要求量)
 N
(窒素)
P
(リン) 
 し尿  トイレ 50   13 0.8 
生活雑排水  台所 30   9   2   0.2 
 風呂 60 
 洗濯 40 
 洗面 10 
 その他 10 
合計 200  40  10  1.0 


このことから、生活排水は「浄化槽」や「下水道」で処理してから放流することが必要とされています。


次ページ (2.浄化槽と下水道の違い)

バナースペース

一般財団法人
静岡県生活科学検査センター

〒425-0085
焼津市塩津1番地の1